FIREを目指すことになった経緯

ボール社会・トレンド

たまに用事があって平日の昼間に電車やバスに乗ると、「平日に働かないで何しているんだろ?」って思います。でもよく考えると、平日が休みの人、専業主婦、何か用事があって出掛けている人がいることに気が付きました。


それでも、ぶらぶらしている様に見える人を羨ましく思ったりする訳です。「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったもので、働きたくても働けない人も中にはいるので働けるだけ恵まれていると言われればそうなんですけどね。


それでもサラリーマンの様な面倒な組織に属さないで、自由気ままな生活に憧れています。Tです。


スポンサーリンク

なぜFIREを目指しているのか

ここ最近は米国株式投資が流行っていますが、それに輪をかけてFIREがめちゃくちゃ流行っていますね。その背景にはやりたくもない仕事をすることに対する反逆だと思います。


私が勤めている会社はブラック企業では無いと思いますが、ブラック部署には長年いました。精神的なダメージが強く、「金なんて要らない。このプレッシャーとストレスから解放されたい。」と何度も上位には懇願しましたが、なだめられて今に至ります。


それが良かったのか悪かったのかは知る由もありません。それでも、やはりこの時の思いが強いのです。金があれば、さっさと会社を辞めることが出来る。そんな思いが大きいのだと思います。


元々はかなりの浪費癖があり、好き放題お金を使って来ましたが、家のローンだけは繰り返し繰上げ返済を行いました。その結果、35年ローンが10年で返済出来たので、自分でもびっくりです。


そして、その後はお金が貯まる一方です。運良く、海外赴任して給料が1.5倍になったし、ローカル生活が好きなことが貯蓄を加速させています。勿論、「お金がお金を産む」米国株投資を始めたのも大きいですね。


アルコールも一時中断しているので、マレーシアでの出費がさらに減るのは目に見えています。禁酒の一番のメリットが睡眠改善ですね。長年、精神的な病を引きずっていると思っていましたが、実はアルコールだったのですね。FIREするまでは続けようと思っています。(自信はありませんが・・・)


家族との価値観の違い

そんなこんなで2年後を目標にFIREを目指している訳ですが、家族がいる人はお金に対する価値観が合わないと絶対に無理でしょうね。


私の妻は一応は理解してくれていますが、本心は勿論、同意はしていないと思います。でも、つらいながらも働いてきた姿を見ているので、納得せざるを得ない状態だと思います。


今後、大暴落が来たらこの計画は白紙になりますが、このまま堅調に株価が推移すれば目標金額を達成するのは時間の問題ですね。


最大の問題は本当に長年働いて来た会社をスパッと辞めることが出来るのか?ということです。しかも、海外赴任中なので、年収は楽勝で1千万円オーバーです。それを手放すことが出来るのか…ここが疑問です。じっくり考えないといけないですね。


とにかく、家族の価値観が合わなければ、資産が目標に到達してもFIREは出来ないでしょう。まして子供がまだ小さいのにFIREしている人は凄いと思います。


YouTubeなどの副業(というか本職)である程度の目処が立ったとしても1億程度の資産(予想)でサイドFIREに踏み込むのは怖いですね。


独身であれば、バイトなどで生活費を賄い自由気ままに人生を過ごすことは誰にも文句を言われる筋合いはありませんからね。


でも、自分の人生ですから、自由気ままな生活を手に入れる為に、これからも工夫しながら支出を削り、お金を増やす努力をしていきたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました