コロナワクチン株に再チャレンジ!

マスク米国株投資

コロナワクチン株については値動きが激し過ぎて心がついてゆけず。30万円という投資額の大きさもキツかった。また、バイオンテック(BNTX)のライツイシューによる一般口座問題(確定申告)があったので、わざと逆指値にて含み損売却。モデルナ(MRNA)についてはどんどん下落していたので含み損になる前に売却。

しかし、問題点が解消されたので、実は指値を入れていた。幸か不幸か指値に刺さっていたので、またホルダーとなってしまった。

スポンサーリンク

バイオンテック(BNTX)

ここ最近のチャートは軽めにチェックはしていたが、改めてみてみよう。指値は54.9ドル(紫色)なので、ちょうど良い感じのところで刺さったのは嬉しい。正直この先もまた下落するか分からないが、そろそろ良いニュースも出てくると期待しているからこそ、またエントリーした。

17株のみなので、54.9ドル×17株 = 933.3ドル(99,000円)。これは何度も考えた挙句、リスク許容度から半分になったとしても、5万円の含み損は覚悟の上。ワクチン開発成功となると恐らくダブルバガーになる。

モデルナ(MRNA)

モデルナ(MRNA)についてもチャートを確認。指値は60.5ドル(紫色)。もう少し下値で設定していれば良かったが、贅沢は言えない。バイオンテック(BNTX)のみでなくモデルナも買ったのは、期待もあるが、リスク分散。同じmRNA手法なので、両方こけるかもしれないが。

16株のみなので、60.5ドル×16株 = 968ドル(100,000円)。モデルナもバイオンテック同様にリスク許容度から導き出した投資額。

まとめ

長いスパンではまだ下がる可能性もある。また、ワクチンがFDA(米国食品医薬品局)から承認されない可能性も高い。これまでは順調のようだ。3万人規模の第三相臨床試験がスタートしてから6週間が終わろうとしている。

ということは、二回目のワクチン接種をしている人もいる。じっちゃまが状況をツイートしている。やっぱりこの登録者数の違いはファイザーの巨大な力の差なんだろう。ということはバイオンテックが先に結果が分かることになるが、結果が悪ければ公表を遅らせる可能性も高い。

個人としても、もしもワクチン開発が成功して、日本に供給されることになれば、一時帰国してワクチン接種したい。株主なので優先して欲しいが、投資額が小さくて鼻で笑われる。投資額を抑えたので、心に余裕を持って、一喜一憂していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました