二番底が来るのか来ないのか誰にも分からない。現状での投資戦略を決めてますか?

牛米国株投資

結局、大暴落が来ても含み益が大きければ含み損にならない。今は難しい局面だけど
コツコツ積み立てていくのが、10年、20年先の莫大な含み益に繋がることは
歴史的に見ても明白です。

スポンサーリンク

二番底が来るのか来ないのか誰にも分からない。現状での投資戦略を決めてますか?

人間は色々考えてしまいがちです。株価が上がったら買っておけば良かった。
下がったらもう少し下がるのではないかなど、キリがないです。

結局は未来は誰にも分からない。考えるだけムダなんです。
ほんの一部の天才的なトレーダー以外は、誰かが見つけた何かしらのルールを
真似することが手っ取り早いと思っています。

先日、底付近で買った米国ETF、具体的にはVTI,SPYD,HDV,VYM。
底付近から株価は上昇しているので、VTIだけでなく高配当ETFも含み益がある状態。


これはもっと前に投資を始めた人で色々詳しい人が含み損であるとすると僕の
投資成績の方が優れているということになり、スキルが上ということになります。

明らかに違いますよね?

でも暴落時に将来に間違いなく成長が見込めるものにいかに投資することが
大切かをあのナンピン買いが教えてくれたんだと思います。

そこで、ルールを作りかつ実践していきたいと思います。

ナンピン買いルール
  • ❶最高値から-25%で5000ドルずつ(合計200万円)
  • ❷最高値から-30%で10000ドルずつ(合計400万円)
  • ❸最高値から-35%で10000ドルずつ(合計400万円)
  • ❹最高値から-40%で10000ドルずつ(合計400万円)

下落%の設定は-25%と-30%は変えないつもりですが、-35%以降はこの時点でかなり恐怖だと思いますので、%の設定を下方修正するかもしれません。

-30%(SPYDのみ-40%)付近でのナンピン買いはこれから減額するかもしれませんが、配当金と含み益をもたらす金のニワトリです。

-25%と-30%買い増しが出来れば、半値戻しでも300万円の含み益になります。
ここから更に下落することになっても、買い増しはしていきますが、恐らく可能性は低いと思います。

二番底が来ない場合はどうするか?
現状は最高値から-17%付近ですので、二番底ムードが出た時にスポット的に10万円ずつとかで買い増しすると思います。

いずれにしても、2年後には落ち着くと思いますので現状のレベルでも割安だと思います。
ただ、いまだに買えないのは(二番底はないという雰囲気ですが)将来は誰にも分からないからですね。
二番底を待っているというより何が起きるか分からない局面だからです。

キャッシュポジションは70%くらいなので、もう少し落としても良いと思っています。
ここで、ある程度買い増しできれば、あとは毎月の給与の中から積み立てたいと思っています。

問題は積み立てを開始するタイミングです。恐らくワクチンが完成したとか治療薬が出来たとかのタイミングで、本格的に上昇局面に入ると思いますが、最高値付近は割高感があるので・・・


そうなるとVIXがある基準を超えたらスポット買いするとかでも面白いかもしれませんね。
今、VIXは37.19%なので、40%以上になったら10万円ずつ買うとかですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました