変異種の脅威

浮き輪米国株投資

しかし土日は暇ですね。過去10数年は英語の勉強で週末の時間を費やしていましたが、完全に勉強をやめてから結構暇なんですよね。。特に最近はアルコールも止めてしまったので、昼寝をあまりしなくなりました。


金勘定くらいしかやることがないので、なにか見つけなければもったいないですね。一番はストレス解消に努めることが大切なんですけどね。Tです。


スポンサーリンク

南ア変異種

アフリカでデルタ株よりも強烈かもしれない変異種が発見されて株式市場が混乱しました。11/26(金)は半ドンにも関わらず、米国指数が2%オーバー下落し11月の利益が吹っ飛びました。


ここ最近は金利上昇の話題で株価はパットしない展開だし、それに輪をかけて変異種の向かい風で心中穏やかでない人もいると思います。


今回も-10%以上の軟調相場になるのか分かりませんが、また買い場到来だと思って相場を眺める以外は何もすることがありません。


元々インデックス主体のポートフォリオなので売ることは自殺行為です。高配当ETFをVTIにスイッチする考えがまたもや浮上していますが、であれば直近で売ることを決断しなければなりません。



さすがに感染が広がっている報道はまだありませんし、ワクチンの効果が低減するとの情報の真偽も分かりません。そんな中パニック売りをしても仕方ありませんね。



未来は誰にも分かりません。楽観的にも悲観的にもなる必要はないのですが、未来を予想し行動をすることで結果がよければよいのですが損をするのは・・・。



ナンピン買いするにもドル高なのでドル転したくないし、現金を貯めたい願望もあります。日本円は1.2千万円弱しかありませんので、インデックスとはいえ下手にリスクを広げたくありません。


ということで今回の相場も良い経験になると思いますので、色々考えながら相場と向き合いたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました