VTI積み立て設定をやめた訳

トートバック米国株投資

昨日はリターンが+1%オーバーで素晴らしい朝でしたね。明け方は+1.3%位ありしたが、徐々に失速。それでも+1.13%なので十分すぎるほどです。どうせ上がるなら下がらなくても良いのに…と思ってしまいますが、それが株価ですね。Tです。


スポンサーリンク

マーケットオープン時間

マレーシアと日本は時差が1時間なので(マレーシアの方が遅い)、当然マーケットがオープンしている時間もその時間分異なります。現在米国はサマータイムで、マレーシアでは21:30-4:00、日本では22:30-5:00です。


夜中に起きた時、ウトウトしながら大引け後に寝ることが多いのですが、1時間違うだけでも身体のリズムが狂いますね。元々、一度も起きることなく7-8時間も寝れないので良い暇つぶしなのです。ちなみにタイだと20:30-3:00と個人的には環境が良いと思います。


VTI積み立て投資設定

4月から月に2回10万円ずつ投資を開始しました。ETFの場合は1株単位でしか買えないので1回に4株(8万円ほど)しか買えません。でも、投資信託はドルでも円でも設定金額で買えるはずなので、その点はメリットですね。


ただ、買い付けが確か終値なので、自分のタイミングでは買えません。結果もすぐに反映されません。その点がデメリットですね。


余剰資金は月に20万円という訳ではなく、現地リンギットで貰っている35万円程度も本来なら合計出来るのですが、為替がイマイチなのでリンギット高を虎視眈々と狙っています。


当然機会損失になる可能性もありますが、投資金額が4千万円に届こうとしており、これ以上は少し怖い感じです。なので、リンギットでもらう給料はほとんど定期預金に放り投げて金利1.5-2%を地味に稼ぐ作戦です。平均リンギット転取得単価も計算して、最終的に得したのか損したのかをいつの日か報告出来たらと思っています。


そう言えば、タイにいた時に出張日当をバーツで貰っていたのをセコセコと日本円に買えていましたが、100万円ほど溜まっていたのをついに持って来ることができました。まあ、最終的には銀行にGOですが。


話を元に戻しますが、投資額の許容がそろそろオーバーしそうなことと、少し現金を確保した方が良いのでは?と思いました。素人考えです。すでに皆さんお気づきのように、2021年はテーパリング政策金利引き上げ示唆で株価は暴落すると思います。


10%以上は自分の中では確定しており、もしかすると20%位まで行くのでは?という感じですね。そこまで行くのに、今現在よりも株価がある程度上昇していれば、この待機期間は意味がないのですが、どうせ投資額がリミットオーバーしそうなので、丁度良いかもしれません。


リンギット高になれば日本円をもっと確保出来るのに…も悔やまれます。それでも、現状の環境でのベストな方向をきちんと自分で考え行動することが大切だと思います。


健康であり続けること

お金の話はここまでです。今、「一過性脳虚血発作」という病気で検査入院という形を取っています。周りは年配の人達ばかりです。この人達が特段、不摂生をしていたのかどうかは分かりません。


私はまだ周りに比べれば若いし、症状も軽い。というか、違和感も数日間出ていません。血をサラサラにする点滴は約15時間くらいで外しましたし、心臓に付けていた装置も(多分問題が無いだろうということで)外しました。


病院食は海外にいたこともあるのか、美味しく食べれています。マレーシアにいた時は日本食はほとんど食べないので、とても新鮮です。まあ、パンミーもチャーハンも美味しいのですけどね。なんか身体には悪い気がします(笑)


頚動脈と心臓のエコーと何やらキセノンガスを吸って脳のスキャンをして血流を確認するみたいです。まあ、じっくり検査して貰うのは有難いですね。来週には退院出来そうです。


今回の入院は良い機会です。仕事はある程度はしないといけませんが、流石に会議には参加出来ないので、何も気にせずにゆっくりします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました