個別株とインデックスETFを投資額で考える。

ジェット機米国株投資

1週間前に上司からワクチン接種について聞かれたことがあり、早めの行動により家族より早く接種することが出来て、2回目は7/29と伝えました。これは伏線だったことに今日、気が付き、かなり落胆しています。詳しくはまたこのブログで書きたいと思います。Tです。


スポンサーリンク

ブログの収益化は難しい

ブログの収益化というのはとても難しいものですね。グーグルアドセンスはコロナ禍だったので、審査すらしてくれない状況が続き、その都度再申請をしていました。とうとう観念したのか、10回目の申請で合格通知が来ました。


中身は何にも変えておらず、我が道を行くブログです。1年以上が経ちましたが、なかなか満足いく収益化は難しいですね。サーバー代に届きそうな感じです。それを経費と捉えるとほぼ無償(笑)なので、まあ、愚痴日記として続けていければ…と思います。


投資額で考えよう

個別株についてよく考えるんですよね、最近は。ツイッターのタイムライン上で賑やかなのは喜ばしいのですが、投資額はあまり明記されておらず、どの程度の利益または損失かは不明です。


爆上げの時は喜ばしい(羨ましい)ことなので良いのですが、その逆の状態にもなることもありますからね、個別株は。特に先日のヴァージンギャラクティックなんて、ひどいもんですよ。


創業者が宇宙飛行成功のビデオが散々流れた挙句、プレで公募増資?発表。瞬く間にスルスルと下落していきました。個別株はこのパターンが数多くあります。公募増資は株価が薄まるので、投資家としてはあまり好ましくありません。


それで大体が時間外での出来事なので、なす術がありません。様子を見るか、思い切って損切りするか、、、様子を見た場合、全ての含み益が吹き飛ぶ位置まで下がってしまっては何のための投資なのか。ツライですよね。


そして、投資額を考えた場合、10万円、20万円、30万円…と以前はマイルールがありました。基本は20万円で損失の許容が10万円(-50%)です。でも、数ヶ月でそのことに耐えられなくなり、結局は損切りです。


センスが無いので、仕方ないですが、そうなるとコツコツとインデックスETFの総投資額を増やした方が、よっぽど得策だと思います。例えば、毎日チェックしている証券の投資額は3千万円ほど。1%で30万円ほどの変動です。


まあ、ほとんどがリターン1%以内で推移しますので、30万円以内が大部分ということですね。十分、スリリングだと思いませんか?大分、この変動額には慣れましたが、今のところはこれ以上は追加投資はしない予定です。


複利の効果で増えていくのは、自分自身のリスク許容度も少しずつ上昇して行きますので、問題は無いですね。まだ若い人は一生懸命仕事をして節約をし、余剰資金でVTIをコツコツと積み立て投資していく。イチイチ含み損益は見ない。ことがベストだと思います。


「お金の大学」を読んでマネーリテラシーをあげましょう!!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました