余剰資金やお金に対しての思い。

サングラスお金のはなし

マレーシアには単身赴任なので休日は自由に自分の時間を使うことが出来ます。晴れた日の洗濯は楽しいですね。なんていうか洗濯物がさっと乾いた達成感があるんですよね。一方、部屋の掃除は面倒なので嫌いです。なので2週間に1度が目安(笑)


大抵の時間はもっぱら日本のテレビかネットフリックスをダラダラと観ています。本当は酒でも呑みながらが楽しいんでしょうけど、睡眠改善の方が打ち勝ち未だに断っています。禁酒225日経過しました。Tです。


スポンサーリンク

現金保有額は自分の目標と戦略によります

1月の資産集計が終わったので少しは気が楽になりました。2月も同じような展開かもしれないし、ついに利上げが確定する3月が待ち構えていますので楽観視できません。願わくば0.25%利上げスタートでお願いします。0.5%とかだとボラが激しくなるので嫌ですね。


リターンは少しずつで良いのであと2,3年でFIREしたいのです。まだ投資額が少ない人は生活防衛資金(何かあっても1年くらいは生活出来るくらい)を残して毎月コツコツとインデックスに投資することが最適解。


そして大切なのは相場は見ないことです。。。日本時間だと夏時間は22:30、冬時間だと23:30に米国市場は開くので、さっさと寝たほうが健康的にも良いです。最初のうちは投資額が少ないと変動額も少ないのでツマラナイと思いますが、見続けることにより投資額と共にリスク許容度を上げていくというメリットもありますけどね。


個人的には1億円(退職金、企業年金、終身保険の解約返戻金含む)を達成した時点で会社とはおさらばしようかと思っています。企業年金の見込みミスとここ最近の含み益大幅削減によって一時は1千万円をきりましたが、現在はあと1.5千万円です。


給料のみでも2年もあれば達成出来る見込み。このことを踏まえると現金保有はとても大切です。インデックス投資だって絶対ではなく暴落リスクはあります。その時にボーナスチャンスを逃す可能性もあります。


現金はインフレ懸念(物価上昇→貨幣価値減少)もありますが、基本的に現金保有額とリスクは逆相関です。なので、今の状況を踏まえた場合、毎月10万円の積み立て投資以外は投資はストップしています。(投機は別)


現金が増えるのはそれはそれで嬉しいものです。現在、1.8千万円ほどですが、30%の580万円はリンギットです。。そのリンギットは定期預金(金利が年1.7%位)で運用しています。毎月の給料がどんどん追加されていくので、それに比例して利子も増えていきます。


ちなみにマレーシアでは利子税は個人ではゼロなので(日本の利子税20.315%で考えた場合)実質2.1%の価値があります。そもそも為替損を嫌い、全額リンギットにして貰ったんですけどね。今後リンギット高になるのか分かりませんが、現状この選択がベストだと思っています。


生活費以外を日本円に振り分けた場合に比べて約1年ちょいで+30万円です。これまで約1年で獲得した利子がわずか3.8万円であることを考えると、為替による損得が大きいことが分かります。タイでの給料はバーツ高だったのでかなりお得でした。全てはタイミング次第なんですよね。


少し話がずれていきましたが、大切なのはお金が欲しいという気持ちですよね。日本人ってお金に対して何か汚いというイメージがありますが、お金について考えていない人にはお金が増えることはありません。


かつての私のように、貰った分の給料を何も考えずストレス発散という大義名分で使ってしまう。これでは一生働き続けるしかありません。それが嫌なのであれば、キチンとお金の管理をしお金に向き合うことが一番大切だと思った昼下がりです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました