ついに含み益更新

モアイ像米国株投資

ついに、9月3日の暴落から本日10月12日までの28日間でやっと含み益を更新することができた。ひとつの区切りとして記録。

スポンサーリンク

含み益

30,000ドルの含み益を超えることが出来た。9月からはETFの比率を強制的に上げたので、その歪み(捨てたクラウド系の高値更新など)は発生しているが、気にせず安定したポートフォリオを運用していく。

ここには楽天証券で運用しているものは含まれていない。VTI一本なので完全放置。と言っても、月に1回は最低でも確認。キャッシュポジションを40%から30%に下げたことによる余剰資金の投入を昨日も躊躇してしまった。VTIなので特に考える必要はないし、余剰資金の30,000ドルの内、10,000ドル弱のみを今週投入したい。

いよいよあと三週間後に大統領選。3ヶ月前の2020/8/3につけたS&P500の3294.61を2020/11/2に超えることが出来れば、現職の大統領が勝つらしい。2020/10/12現在で、3534.22(6.78%)なのでまだまだ分からない。

しかし、既に株価が織り込み済だとすると、トランプ大統領が勝つことになる。となると、保有しているクリーンエネルギーETFのICLNが下落傾向になるかもしれない。ここ最近の上昇は異常。早速、昨日市場全体が上昇しているのにも関わらず、-2%下落。

類似ETFのQCLNとPBDも似たような感じ。これまで上昇が激しかった分、下落も激しいと予想するが、右肩上がりには変わらないので、あまり考えすぎずに放置が一番。

まとめ

資産運用金額が200,000ドル弱。リスク許容度は日々鍛えられている。焦らず、じっくりと観察していきたい。トランプ大統領が勝つのか、バイデン候補が勝つのか。忘れられない大統領選になるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました