VOOドルコスト平均法はS&P500をアウトパフォーマンス出来ない謎

プレゼント米国株投資

インドネシア滞在時には近くの日本レストランのお弁当ばかり食べており、ぶくぶく太ってしまいました。マレーシアに戻ったのでホテル隔離後は支出を極限に減らそうとスーパーでインスタントコーヒーやオートミールなど買い込んでいました。


若干インチキな裏技ですが、これはけち臭い性分なので仕方ありません。。スーツケースが重量オーバーになりそうなので、手荷物で液体以外を持ち込みました。この労力が報われるのであればと頑張りました。Tです。


スポンサーリンク

S&P500とのリターン比較

スプレッドシートで米国主要指数(DOW, S&P500, NASDAQ)と自分のポートフォリオのリターン比較を自動化して週毎に確認するようにしています。2021/2/22に個別株を全売却してからはVTIを買い増ししてきました。


そこで思ったのですよね。。ドルコスト平均法で買っている限り(株価右肩上がりを前提とした場合)、S&P500をAUTOパフォームすることって不可能では?と。


例えばですよ。S&P500は2020/12/31の時点で3756.07ポイント、2021/12/27の時点で4791.19ポイントです。単純に年初来のリターンは(4791.19-3756.07) / 3756.07 = 27.56%です。


毎月ドルコスト平均法でS&P500(VOO)を買った場合、(右肩上がり前提で)当然所得単価は上がっていきますよね?単純に一定で上昇した場合は、3756.07 + (4791.19-3756.07) / 2 = 4273.63となり、リターンは(4791.19-4273.63)/ 4273.63 = 12.11% と半分になってしまいます。


2021/12/27時点でS&P500は年初来27.56%でMyPFは24.57%と約3%アンダーパフォームしているのはある意味当然の結果なのでは?と思ってしまいます。


来年2022年も投機的にSPXLで遊ぼうと思っていますが基本的に追加投資はするつもりはありません。余剰資金は多少ありますが。。。SPXLは1800ドル程度なのでポートフォリオ的には0.5%程度しかありません。また(売却手数料込みで)プラス領域で売却すれば、レバレッジという特性上、S&P500よりアウトパフォームすることは明白です。


機会損失もあるので、それでも尚、素直にVTIを買って放置がベストなんですけどね。。なんかこんな些細で単純なことを今まで気づかなかったことは私がど素人ということへの証明かもしれません。VOOを買っているからS&P500にアウトパフォームしているというのは早計です。


SNS上では軟調相場でVTI(VOO)やQQQを安いとか言って買っている人がいますが、意味が分からないのですよね。。余剰資金があるなら素直に一括投資した方が購入所得単価が低い可能性が高いし、リターンの期待値は高いはずです。


余剰資金がない人は仕方がないのでドルコスト平均法で買っていくしかありません。PV (Present Value) > FV(Future Value) 現在価値>将来価値はとても大切な概念だと思いますので、一度ググって勉強することをおススメします。なんて偉そうにいうほど、詳しくありませんが(笑)


「今の100万円」と「1年後の100万円」では、どちらが価値が高いか?
ファイナンスの鍵となる考え方に「現在価値」「将来価値」「」割引率」があります。分かりやすく言えば、同じ100万円でも「今の100万円」と「1年後の100万円」では価値が違うということです。企業価値は「将来稼げるフリーキャッシュフロー」を「現在価値」に引き直し、それらを足し合わせて計算することができます。

このように色々考えながらグーグル先生に聞くことはとても楽しいです。税金や社会保険料など知っているのと知らないとでは大きな違いです。私ももっと色々勉強していきたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました