生活防衛資金以外の資金を全力でぶち込み!

ローディング米国株投資

このブログを書いているのは、10/28の最悪な相場後の会社の昼休み。昨日はS&P500;-3.53%、NASDAQ;-3.73%、DOW;-3.43%、QQQ;-3.90%、10yr yield ; 0.781%↑、VIX ; 40.28↑、MyPortfolio;-3.39%と最悪の結果。

スポンサーリンク

全力でぶち込み!

昨日は円高・ドル安(104.2程度)だったのに加えて、プレで-2%位あったので、かなり厳しい相場になることは誰でも分かった。追加景気刺激策なんて大統領選前には決着付きそうもないし、要するに民主党の作戦なだけだし、新型コロナの感染状況は欧州を含めてかなり厳しい状況だし、、来週の火曜日の大統領選まではこんな調子が続きそうだとは思っていた。

月末に向けて資産計算をしたら、余剰資金が明確に判明。円高なのもあり、さくっとドル転。いつでも投資できる準備とした。さて、何を買うべきか・・・正直言って、こんな状況の中、個別株なんてありえないし、答えは一つ。VTIである。。

ココ最近、原点回帰感が否めないが、買付手数料がゼロなのは大きい。ま、そんなこんなで相場がスタートした。-2%チョイ程度だったが、出来れば指値で手に入れたい。

投資額は10,000ドル+α。

そこで、大統領選の3ヶ月前である8/3のS&P500までの下落率を計算し、それに当てはめたVTIの価格を算出した。167.65ドル。前日(10/27)は172.93ドルなので、-3.05%が狙い。

終値は167.2ドル(3.31%)なので、なかなか狙いどおりで嬉しい。大引け直前から急落下したので、そこで買えたと思っていたが、実際は日本時間の明け方2時に刺さったようだ。

今後、さらに下落することも可能性としてはかなり大きいが、インデックス投資ということで、淡々と積み上げていきたい。これで、VTIのポートフォリオに占める割合は24.55%とトップとなった。

トータルで52,000ドルの投資になったのでかなり影響がある。まだリボンゴヘルス売却益があるが、大切にとっておこう。次回までは余剰資金がたっぷりある計画なので、またVTIに投資をし続ける予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました