FIRE Xデー

フィルム社会・トレンド

210日間禁酒していたのにアルコールを飲み出したのは、飲みたい気持ちが抑えきれないことと無料で飲める時に飲まないことに対して勿体無い病が発症したからに他ならない。正直、1日1缶であれば問題ない出費なのだが、徐々に増えていく気がする。


土日は買い出しを早めに終わらせると車を運転する必要は無いので、基本的に昼から飲んでしまう。ただ、タイにいた時よりも(今のところ)抑えている。平日は21缶、休日は18缶とすると合計39缶で5,500円の出費であり、この程度であれば許容内。マレーシアではすでに利息の範囲で生活しているので、それさえキープ出来れば問題ない。Tです。


スポンサーリンク

FIRE Xデー

FIRE、というか早期退職する日は目標として2024年の4月30日と設定した。これは新卒入社は4月1日付入社なので、わずか1ヶ月働いただけで退職金控除が1年分(70万円)増えるからである。また家族的な出費の問題もちょうど無くなるのも主な理由の一つ。


問題は資産額が退職金合わせて1億円に到達しているかどうかであるが、景気後退が2023年後半に来そうなどアナリストが適当な(いや適当ではないかも知れないが)ことを言っているのは、モチベーションがただ下がりなのです。


2022年も円安のお陰で米国株投資においては130万円ほどしかマイナスになっていないが、いつドル安になるかは分からないので、安心もしていられない。株価上昇に伴いドル安が加速したら、「いってこい」状態で、資産が増えないことと同義となるからです。


ネガティブな思考は何も生まれないし、未来は誰にも分からないのだから、別に深く考えても仕方ないのです。それよりも早期退職時にリンギットが1.8千万円ほどになるので、それを日本円に換金するのかそれともタイバーツに換金するのかも重要な課題ですが、その時の為替によっても考えが変わるのでぼんやりと考えるのくらいでちょうど良いかもしれない。


タイで一緒に働いていたタイ人が辞めると、決まってレストランを経営するように、そのようなチャレンジしても楽しいかもしれませんね。FIREしても暇だの何だのっていう批判はありますが、60歳、65歳まで働くことに生きがいを感じている人は良いですが、大半の人は毎朝早く起きて満員電車に揺られて、日中は上司にガミガミ言われて、定年の数年後には天国からお迎えが来るなんて、考えられない。


なので、今しか出来ないことにお金や時間を投資しつつ、来るべく2024年4月30日に向けて自由な人生を手に入れます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました